ユーザシステムのクラウド運用からトータルオペレーションへの拡大

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

NTT東日本では、自社サービスの運用だけでなく、ユーザシステムの運用まで行っています。NTT東日本のメインターゲットである地域のお客様のユーザシステムのクラウド化がまさに進んでおり、そのクラウド運用を行っていますがそれだけではユーザシステムのITOニーズを満たしているのでしょうか?
本セッションでは、最新のクラウドの運用とその先にあるトータルオペレーションについて、NTT東日本の取り組みをご紹介します。クラウドの運用やそクラウドを含めたシステムトータルの運用に困っている方、運用を実際に行っている方はぜひ本セッションを参考にしていただければと思います。

畠山 康介
東日本電信電話株式会社
課長

大規模ユーザ向けのMSPサービスの企画・開発業務に従事。以前はAWSなどのクラウドと自社のネットワークサービスとの接続サービスの企画・開発業務やMSPサービスの現場のマネージャも経験しています。クラウドからオンプレミスまで幅広い技術分野の最新動向に興味を持ってスキルを磨くように心がけています。

奥谷 智
東日本電信電話株式会社
担当課長

2010年度入社。SE/サービス企画業務に従事し、2017年よりクラウドと出会い、
主に、中小企業におけるITシステムのクラウド化に向けたコンサルティングを数百社様に対し実施
2021年より当担当に着任し、クラウドを活用した社内システムの内製開発およびビジネス展開に従事