Kubernetes 環境の本番運用で頭を悩ます非機能要件への対応

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

Kubernetes 環境の運用において、検証フェーズから本番フェーズに進んでいく際の検討事項として、様々な非機能要件への対応があります。要件に対応する技術要素となる、Cluster API(クラスタライフサイクル管理)、Open Policy Agent(セキュリティ)、Velero(バックアップ)、 Carvel(パッケージ管理)と、各要素をAll in One でエンタープライズ向けに提供するソリューションを紹介します。

岩渕 友裕
VMware
Senior Solutions Engineer Tanzu

製品ベンダーでネットワークエンジニアから、インフラを中心とした技術や製品に関わってきました。VMware ではマルチクラウド環境を支えるソフトウェアを担当しています。