クレジットカード会社のGameday、あるいはKubernetesに”Gremlin”を解き放った話

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

現在JCBではGCP上にKubernetesを軸とするクラウドネイティブなプラットフォームを運用しており、基盤上でマイクロサービスアーキテクチャを採用したアプリケーションを多数稼働させています。金融という高い信頼性が求められる事業形態において、今まで以上にシステムと運用の信頼性を向上させるため、SaaSのカオスエンジニアリングツールである”Gremlin”を使ったGamedayを開催しました。

本セッションでは弊社のKubernetesプラットフォームである”JCB Digital Enablement Platform(JDEP)”のご紹介と、同プラットフォームにおけるGamedayの取り組みで得たナレッジを共有します。セッション中では使ってみてわかったGremlinの特徴や、なかなか担当する機会のない「Gamedayの企画運用者」として得た学びなども紹介させていただきます。

鳩貝 祐斗
株式会社ジェーシービー
副主事

2013年にSIerに新卒入社し、8年間インフラSEとしてITインフラの提案・設計・構築業務に従事。
その後2021年より(株)ジェーシービーにて、クラウドネイティブ技術を活用してビジネス構築を高速化するプロジェクトにJOIN。
当該プロジェクトにおけるSREを担当。