Ansibleを活用したzabbixの構築・運用の自動化

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oでは、安定稼働のための監視基盤としてzabbixを活用しています。
大量のデータを処理する性能を備え、可用性も確保した監視基盤の構築、また、クラウド基盤ならではの監視対象ホストや監視項目の頻繁な更新といった運用上の課題を解決すべく、ansibleでの運用自動化を行っています。
本セッションでは、その手法についてご紹介します。

能任 一文
富士通株式会社
ソフトウェアエンジニア

富士通株式会社にてFUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oの開発・運用を担当するエンジニア

小野寺 俊
富⼠通株式会社
ソフトウェアエンジニア

富⼠通株式会社にてFUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-Oの開発・運⽤を担当するエンジニア