IaC や CI に理解のある上司になる(なってもらう)には

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

自動化して効率化する、そこに新しい技術を用いてチャレンジする、本来であれば誰もが幸せになれる取り組みのはず。
しかし、現実にはそれを阻む者がいます。「え?自動化?今安定して動いているのに必要ある?」「その具体的な効果は?」「改善は日々の業務の延長でやって(=片手間でやって)」・・・こんなことを言われたこと(言ってしまったこと)がありませんか?
チャレンジを阻むのは大体は理解の無い上司です。そんな彼らにどうやってIaCやCIを理解してもらうかを紹介します。

中島 倫明
Red Hat
senior solution architect

国内SIerを経て、現在はレッドハットへ勤務。戦略から実装までの幅広く企業システムの自動化やクラウド化の促進を支援。その傍らで大学や研究機関での講師を勤め、クラウド時代のIT人材の育成に尽力する。OpenStackやAnsibleなどのユーザ会のメンバーとして、コミュニティの運営にも参加している。共著で「インフラCI実践ガイド」「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」他数冊を執筆。