そのシステム、ちゃんと理解できてます? - Jupyter Notebookを用いた運用のススメ

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

運用者がお守りをすべきシステムは日々複雑化しています。アプリケーションの構造は複雑化し、頻繁なアップデートも相まって、システムのことを理解することは難しくなる一方です。
このようなシステムの運用・保守においては、経験や勘ではなく、システムの適切な状況把握とその事実に基づくアクションがより重要になるでしょう。
本発表では、国立情報学研究所で進めているJupyter Notebookを使った「試行錯誤を許容する運用」を例に、運用者がシステムを深く触って理解しながら、運用を行う営みについてご紹介します。

谷沢 智史
株式会社ボイスリサーチ
取締役

株式会社ボイスリサーチでソフトウェア開発を担当。オンラインゲーム開発、映像コンテンツ関連ツール開発、ソフトバンクのロボットPepperの開発者サポートを経て、現在はNIIでのクラウドインフラの運用、開発に関わる。
著書に「Pepperプログラミング 基本動作からアプリの企画・演出まで」など。最近は業務のかたわら研究にも取り組む。