Kubernetesを活用したエッジコンピューティング時代の運用

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

IoTの進展と共に、レイテンシ削減やセキュリティ向上などのネットワーク品質改善を可能にするエッジコンピューティングへの期待が高まっています。エッジコンピューティングの実現には、全国に分散する各拠点へ展開されたインフラやアプリケーションの運用負荷の低減が重要です。本セッションは、エッジコンピューティングの導入を検討する方を対象に、エッジコンピューティングの運用要件を俯瞰し、各要件に対するKubernetesを活用したソリューション例をご紹介いたします。

小野 佑大
Red Hat
Cloud Specialist Solution Architect

元通信会社で法人向けIaaSのインフラ運用を経験した後、モバイルコアネットワークやエッジコンピューティングなどのネットワーク・サーバインフラの技術戦略・新規事業企画に従事。 現在はRed HatにてOpenShiftのSolution Architectとして活動すると共に、通信会社での経験を活かして引き続きエッジコンピューティングを推進中。