CCoE特別講座 ~エンジニアに贈るクラウド推進組織活用法~

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

CCoEは、社内におけるクラウド活用時の課題や障壁を排除し、
クラウドをより利用しやすくするために存在する組織です。

しかし、CCoEの存在意義や活動目的が正しく伝わっていないために、
自分とは関係ない、むしろ敵に近いとさえ感じられる方もいるかもしれません。

本セッションでは、CCoEの活動主旨を踏まえ、
CCoEとエンジニア/オペレーターがどう付き合っていくべきか、
KDDIの事例を交えてご紹介します。

柴田 翔平
KDDI株式会社
コアスタッフ

2013/4、メーカー系SIerでインフラエンジニアとしてキャリアをスタート。
金融業界のお客さまに対するオンプレミスシステムの運用/保守業務を担当中に、
ご縁ありお客さまユーザー部門へ出向、クラウド利活用推進業務(CCoE)に携わる。
クラウドに魅力を感じ、2021/8、クラウドアーキテクトを募集していたKDDIへ転職。
現在、KDDI CCoEとしてクラウド利活用推進業務に従事。