Cloud Run から GKE Autopilot へ、FAANS における Kubernetes 移行の背景とは

     
この動画を視聴するには参加登録が必要です。
このイベントに参加申し込み
(参加無料)

Cloud RunはGCPが提供するサーバレスコンテナ基盤で、シンプルな構成とそこから得られる運用容易性が特長です。一方のGKE Autopilotはワーカーを含めた全てのノード管理がマネージドではあるものの、Cloud Runに比べると運用コストが高くなります。本セッションでは、Cloud RunからGKE Autopilotへ移行を決めた背景と複数サービスが稼働する環境下におけるリプレイス事例をご紹介します。

笹沢 椋太
株式会社ZOZO
SRE

2019年より通信キャリアのクラウドエンジニアとして監視システムのインフラ構築に従事。2021年より株式会社ZOZO入社。ファッションコーディネートアプリ「WEAR」のSREとして、YAMLとHCLに向き合う日々を送っている。