アジャイル開発

継続的デリバリーを実現する大規模スクラム開発体制への挑戦

継続的デリバリーの実現において、以下の課題をお持ちではないでしょうか?
・メンバー間の情報共有の時間が多く、期待したベロシティ(成果)があがらない。
・メンバーを増強するも、立ち上げに時間がかかる。
私たちはスクラムチームの変革により上記課題を改善しました。これによりイベント時間の50%削減、ベロシティの200%向上。新規開発や開発負債の改善が出来るチームに生まれ変わり、メンバーのモチベーションも向上しました。

岩間 解
KDDI株式会社
スクラムマスター

KDDIに入社後はソリューション事業の法人向けSEとして、主に国際ネットワークの提案、設計、構築に従事。2018年よりKCPSベアメタルサーバーサービスの開発チームに参加。
現在はKCPSベアメタルサーバーサービスの開発チームにおけるスクラムマスターを担当している。