あなたの K8s はPet型?Cattle型?〜手間暇かけて世話するk8sはやめよう〜 シェア

初級者   Dev/Ops

“2025年の崖“問題に向けて様々な企業がDX推進に取り組んでおり、アプリのモダン化、インフラのKubernetes(k8s)採用などが促進されているのは皆さんご存知かと思います。
本セッションではk8s運用に関するtipsとして、手間暇かけて個別最適化したPet型のk8sが今後のDXの足かせになることを警鐘していくとともに、個別最適化の必要がないCattle型のk8sを増やしていくか、VMwareのソリューションがどのようにCattle型のk8sを増やすのに貢献できるかを20分間でお伝えいたします。

黒沢 勇
ヴイエムウェア株式会社
TEC SE本部 NTT SE部 ソリューションエンジニア

生まれながらのクラウドエンジニア。毎年社外向けイベントに登壇。お客様を最適なクラウド製品を提案すべく最新技術へのキャッチアップを趣味にしています。
これまで多くのお客様へクラウド運用製品、クラウド自動化製品を提案してきました。現在はコンテナ、Kubernetes製品も積極的に提案中。