「Kubernetes Operator」- Day2オペレーションはどう変わるか- シェア

初級者   MicroService

Kubernetes環境では多数のコンテナアプリケーションの管理において、自動化による運用の効率化が必要となります。
しかしながら、Kubernetesでは自動化できる範囲が限られます。Kubenetesの基本的な機能ではできない自動化については、Kubenetesの機能を拡張管理する手段として Kubenetes Operatorがあります。
本セッションではKubenetes Operatorによりアプリケーション運用がどうかわるのか、Kubenetes Operatorの概要を実装事例とともにご紹介いたします。

三島 匡史
レッドハット株式会社
ISVビジネス開発マネージャー

ソフトウエアベンダーパートナーを担当。学生時代にLinuxに出会い、OSSの魅力に取り憑かれ、OSSのコミュニティ活動とともにビジネスもOSS一筋。エンジニア、セールス、サービス開発など幅広い経験を活かし、パートナーのビジネス拡大のための支援を行っている。