これからはじめるKubernetes運用 - OpenShift の存在意義 - シェア

初級者   Multi Cloud/Hybrid Cloud

Kubernetesを活用したいユーザーは急激に増えています。一方で,似たような壁に行く手を阻まれているユーザーが多く見られます。K8sをキーテクノロジーとして導入するための下支えとして,OpenShiftはテクノロジーによって,K8sの運用負荷を軽減し,K8s活用を促進するための仕組みを多数導入しています。
本セッションでは,OpenShiftをより正しく捉えて頂けるように基礎的な概要およびコンセプトについてお伝えします。

斎藤 和史
レッドハット株式会社
テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部 ソリューションアーキテクト OpenShift / Kubernetes アーキテクト

Kubernetesに魅せられて以来,クラウドネイティブ界隈の仲間と共にオープンソースを中心とした複数のテクニカルコミュニティを運営。CNCFプロジェクト等,K8s周辺の最新テクノロジーを追いかけつつ,企業のクラウドネイティブへのチャレンジをサポート。2019年6月よりRed Hat入社。OpenShiftソリューションアーキテクトを担当し,K8s/OpenShiftでゲームチェンジを狙っている。