Go  製の運用ツールを使った kubernetes 運用と、その注意点 シェア

上級者   SRE

現在 Volterra 社 (F5 Networks 社) の DevOps Engineer として、世界 14箇所の POP の運用に携わっています。

弊社では、運用ツールを含めた多くの仕組みを、 Go を使ったサービスで実施しており、一般的に Ansible 等で実施されることが多い
設定変更、アップグレード等のタスクを、 Go を使ったツールを使って 自動化しています。

結果としてスケーラビリティ等については 改善がみられているのですが、 Go の文字列 template, threaddump / heapdump の取得など、新たに 運用者を悩ませる事柄も出てきており、このあたりについて、共有できれば、と思います。

長縄 達也
F5 Networks
DevOps Engineer

Linux システム管理者として、 15 年程度の業界経験があります。
直近では、 Openstack IaaS, NFV 等の構築に携わっており、
現在は Volterra 社 (Part of F5) の DevOps Engineer として、 kubernetes を中心とした アプリケーション基盤、および監視/CI・CD 基盤について、開発・運用を行っています。