Workload Orchestration “Nomad” を使いたおす シェア

中級者   Job Management

クラウドかon-premiseかを問わず、KubernetesやSwarmといったContainer Orchestrationツールを用いて本番環境を運用することがスタンダードになりました。これらのツールに比べると、Nomadは広く認知されているとは言えませんが、Workload Orchestrationツールとも呼ばれるNomadはコンテナ化されていないアプリケーションも扱えるなど、Kubernetes等とは異なる利点があります。
このセッションでは、CircleCIでのNomad運用事例を通して、Nomadの使い所や具体的な運用方法を紹介します。

宇佐美 佑
CircleCI合同会社
Senior Software Engineer

CircleCIにてバックエンド開発を担当。現在はシステム全体のコスト削減を専任するチームに所属する。これまでUSのスタートアップ3社にて、開発からクラウド運用まで幅広く携わる。ソフトウェアに限らずものをつくることが好き。去年作っていた息子のための砂場は無事完成した。