エンタープライズ向けクラウドサービスにおける大規模・商用環境でのホストOSバージョンアップ シェア

中級者  

ECL2.0は、OpenStackをベースとするNTT Communicationsのクラウドサービス基盤です。
2020年10月から、我々は全世界にあるCompute NodeのOS version upを行ってきました。
本セッションでは、事前検証, 開発, そしてもちろんリリース後に直面した様々なトラブルとその対処についてお話しします。

佐野 成
NTTCommunications
ソフトウェアアーキテクト

2018年4月 NTTCommunications株式会社へ入社しECL2.0仮想サーバーチームに配属。NTT Performance Tuning Contestの開発などに取り組む。
2021年4月よりジョブ型のスペシャリスト社員に転身しソフトウェアアーキテクトとして活動。好きなエディタはvim. 趣味開発では自宅kubernetes, kube-virt, rustなどを嗜む。