不要リソース削除漏れ通知システムによるコスト削減 シェア

初級者   Job Management

AWSのコストを下げたいと思っている人、技術習得を推進する人向けの講演です。
不要になったリソースをそのままにしていませんか?小さなリソースでも放置しておくと利用者のコスト意識が下がるだけでなく、棚卸が困難になります。本講演では、Lambdaを活用したリソース削除漏れ通知システムについてお話します。また、利便性とコスト両面を考慮したAWSアカウント利用ルールの導入事例をご紹介します。

田口 裕真
東日本電信電話株式会社
Associate

クラウド運用の内製化業務に従事。少数精鋭の組織でクラウド運用の効率化に取り組んできました。現在はクラウドの運用だけでなく、CCoEメンバーとして自社のクラウド活用の審査も担当しています。
AWSの運用管理業務は3年目になり、大規模故障も経験しました。昨年からベンチャー企業でコンサル、構築業務を経験するなど、幅広いスキルを有したエンジニアを目指しています。